メタボリックシンドロームとは



メタボリックシンドロームとは、別名メタボとも呼ばれています。


最近よく「
メタボ」という言葉を耳にする人も多いと思いますが、確かにこれは最近流行になった言葉です。
メタボリックシンドロームとはではメタボリックシンドロームとはどのようなものなのでしょうか?


メタボリックとは「代謝の」という意味で、シンドロームとは「症候群」という意味です。


メタボリックシンドロームとは、中性脂肪が腸、胃、肝臓が溜まり血糖値の上昇、血圧の上昇と異常が引き起こることを言います。


異常というのは主に生活習慣病です。


さらに恐ろしいのが心筋梗塞脳梗塞です。


この原因としてあげられるのが肥満です。


肥満は、内臓脂肪の溜まりすぎが大きく関係しています。


すぐに治療が必要ということはありませんが、メタボは危険の信号であるといえます。


■メタボリックシンドロームの診断基準


メタボになると簡単な症状としてお腹がでてきます。


ではその基準はどのようにして見極めるのでしょうか?


いちばん基準を診断するのにわかりやすいのがおへその位置でお腹周りのサイズを測って


・男性の場合  85センチ以上


・女性の場合  90センチ以上


         


●血中脂質値の異常


・中性脂肪値 150mg/dl以上


・HDLコレステロール値 40mg/dl 未満


この二つのどちらかひとつがあてはまる


●血圧高値


・収縮期血圧が130mmHg以上


・拡張期血圧が85mmHg以上


この二つのどちらかひとつがあてはまる


●高血糖


・空腹時血糖値が110mg/dl以上


この3項目の中でどれか二つが当てはまる場合


         


あなたはメタボリックシンドロームです!!!


■内臓脂肪が溜まる可能性の高い人


メタボリックシンドロームは内臓脂肪がたまることで引き起こるということはわかっていただいたと思います。


症状としてはお腹が出てくることによってメタボである可能性があるということです。
ではどのような人が内臓脂肪が溜まりやすいのでしょうか?


・大食いの人


・運動不足の人


・一度ダイエットをしてリバウンドしたことがある人


こういった人は内臓脂肪が溜まりやすい人といえます。
     

スポンサードリンク