メタボ検診とは?



メタボ検診という言葉を最近よく耳にすることが多い人もいると思います。


メタボ検診とは、今までよく行なっている健康診断とあまり変わりはありません。メタボ検診


どのようなもかというと、健康保険法の改正によって2008年(平成20年)4月1日からスタートした、「
40〜74歳(健康保険の場合、被扶養者含む)」の健康保険組合などの医療保険加入者(毎年度4月1日現在で加入している者)に対して実施される特定検診のことをいいます。


■メタボ検診の目的


いちばんの目的は生活習慣病の予防です。


生活習慣病の糖尿病高血圧、脂質異常症などの予防ですが、全体の医療費の約1/3はこの生活習慣病なのです。


このメタボ検診をすることによって生活習慣病患者を減らし、医療費を削減できるということを目的としているのです。


■メタボ検診の義務化!


メタボ検診は、義務化されています。


これは生活習慣病の患者を減らすことを目的としています。


メタボ患者は、それを自覚している人もしていない人も率先してメタボ検診を受ける人が少ないのが現状です。


そのため国が医療費抑えることを目的としてこのメタボ検診の義務化がスタートしたのです。


■メタボ検診のメリット


・生活習慣病の早期発見


・生活習慣病の対策・予防


専門家(医師・保健士・管理栄養士)のサポートを受けることができます。


スポンサードリンク